PONの箱庭

美容とポイ活と子育てなどについて書き記していく雑記ブログ

ベビーナブとは一体!?赤ちゃんの性別の見分け方

こんにちは!PONです。
妊娠がわかったとき、まず1番に気になるのは性別ではないでしょうか。
本来性別は受精した瞬間に決まるものですが、ママにわかるようになるのは16週~22週頃。
でも、ベビーナブでは12週頃からわかる様になります。
今回はベビーナブでの性別の見方や、妊娠のジンクス、性別の判断方法についてご紹介します。

ベビーナブとは?何週で性別がわかる?

ベビーナブとは、元々はアメリカの産み分けサイトで紹介されている性別の判別方法で、ナブ理論からきています。
ナブというのは、胎児の小突起の部分のことで、のちに外性器になる部分のことです。

このナブが、12週前後になると男の子と女の子で特徴が出てくるため、性別が判別できるといわれています。
ベビーナブは正面からでは見ることが出来ませんが、横向きのエコーであれば確認することが出来ます。
では、ベビーナブはどうやって確認するのでしょうか。

私のイチオシ葉酸サプリはこちら

ベルタ葉酸サプリの使用レビュー!悪い噂が多いのはなぜ? - PONの箱庭


オススメ記事

ベビーナブの見方、特徴とは

男の子のベビーナブは、小突起が上を向くような形になっており、下部脊椎と小突起に角度がつきます。

女の子のベビーナブは、下部脊椎と小突起が平行になるような形になります。

ナブの角度が30°以上であれば、男の子10°以下であれば女の子とされています。
10°~30°の間の場合は判別できないようです。

11週頃ではナブの角度があいまいで、性別の予測は難しいとされています。
しかし、13週頃のナブは角度がしっかり出てきやすいので、充分判別しやすくなります。

ただし、エコー写真の精度にもよりますので、確実に判断できるものでもありません。
足が邪魔になってナブが映らない場合などもあるので、正確な判断は18週を超えたあたりで先生に聞いてみましょう。

オススメ記事

私のイチオシ葉酸サプリはこちら

妊娠ジンクスは当たるの?私の場合

①お腹が突き出して出たら男の子、丸いお腹は女の子
②つわりが重いと女の子、軽いと男の子
③腹毛(正中線)が濃くなると男の子、薄いと女の子
④顔つきがきつくなったら男の子、柔らかくなったら女の子
⑤甘いものが食べたくなったら女の子
⑥辛いものが食べたくなったら男の子
私の場合は①と⑤だけ当たりました。
なのでジンクスはあまりあてにならないかもしれませんね。

ちなみに、満月の日は出産が多くなるっていうのは本当かもしれません。
(コウノドリで言ってたアレです!)

私が出産した日は満月で、私を筆頭に6人のママさんが急遽産気づいて駆け込んできました(笑)

予定日前にも関わらず急に破水しました!!ビックリ

合わせて読む


私のイチオシ葉酸サプリはこちら

出生前診断でも性別を調べられる

テレビやドラマでも取り上げられるようになり、知名度も上がった出生前診断でも性別を調べることは出来ます。

新型出生前診断・NIPTでは従来の羊水検査のようにお腹から直接羊水を検査する事もありません。

腕から採血する事で胎児の性別や染色体異常を調べることができる、リスクの少ないスクリーニング検査です。

妊娠10週以降の単胎妊娠、双胎妊娠の方が検査対象となっており、年齢制限無く受けることができる検査です。

詳しくはこちら▼
NIPT平石クリニック 新型出生前診断(NIPT)

まとめ

  • 赤ちゃんの性別は16週以降が確実
  • ベビーナブなら13週頃がオススメ
  • 妊娠中のジンクスははずれが多い
  • 満月の日は出産が重なるのは本当!
  • 新型出生前診断でも性別を調べられる

赤ちゃんの性別が知りたくてうずうずしてるママさんの参考になりますように!

合わせて読む