Miniature garden~PONの箱庭~

思いついたことを書き記していく雑記ブログ

マイクロファイバーのバスタオルのオススメはこれ!最後まで使い続けられる〇〇な理由

こんにちは!PONです。
25歳を超えるとお肌は下り坂…。
少しでも小じわやたるみを抑えたいのが女心ですよね。
毎日使うものだから、タオルは肌への負担が少ないものがいいんです。
でも肌への負担が少ないタオルってどんなのでしょう。

吸水性抜群!ふわふわのバスタオル


我が家では厚手のマイクロファイバーのバスタオルを使用しています。
大きさは、胸で巻くぎりぎりお尻が隠れる程度。
一般的なバスタオルより少し小さいかな?くらいです。
体を拭く時にガサガサのタオルはちょっと…とおもって厚手のふわふわマイクロファイバーをチョイス。
柔軟剤無しでもそこそこふわふわですし、柔軟剤をいれるとふわんふわんになります。
色はブルーで統一。
一年以上使用していますが、全然ヘタることなくていつ買い換えようか悩みます。
(まだまだ使えるから買い換えるのもったいなくて)

マイクロファイバーのバスタオルのメリット

触り心地が最高にいい。
しかもマイクロファイバーなので吸水性抜群!
お風呂上がり、サッと体に当てるだけで拭き取れます。
これの何がメリットなのかと言うと、肌への負担を限りなく抑えることが出来ます
お肌を引っ張ったり、負担がかかると小ジワやタルミの原因にもなりますから…。
女性には嬉しいメリットですよね。
さらに、厚手のマイクロファイバーなので拭き取ったあとも水分でボトボトになりにくいです。
なので私はお風呂のあとに、浴室や洗面台の水分を軽く拭き取るのに使用してます。
毎日綺麗にしてると汚いとも感じないですし、カビも生えにくくなるのでオススメ。
浴室とついでに洗面台拭き取ってから洗濯機にポーンしてます。
翌朝洗面台がキレイに使えて気持ちいい!

マイクロファイバーのバスタオルのデメリット

ちょっと乾きにくい
夏場は部屋干しでも全然乾くぐらいですけど、真冬は朝一で干さないと乾いてないこともあります。
干す環境にもよりますが、普通のタオルよりは乾きにくいかもしれません。
そしてちょっとだけサイズが小さい
最初にも書きましたが、胸のところで巻くとお尻がぎりぎり隠れる程度。
もう少し大きくてもよかったかも?と思いました。
あとはちょっと嵩張ります。
ふかふかなので仕方ないですが…。
うちはちょっとホテルっぽく、クルクル巻いて引き出しに収納してます。(どうしてもオシャレに見せたい!(笑))

マイクロファイバーのバスタオルは再利用しやすい

マイクロファイバーのバスタオルは丈夫で数年使ってもヘタレませんし、破けたりすることがありません。
なので次の買い替えの時には雑巾にするとすごく便利なんです。

キッチン周りのダスターにはもちろん、吸水性がいいので窓ふきや床掃除にも使えます。
お風呂のそばにストックしておくと、お風呂上がりの拭き取りにも最適です。

何より使えるのは車の洗車の時です。
車用品売り場に売っている拭き取りようタオルってだいたいマイクロファイバーですよね。
車を傷付けることなく水分を拭き取ることができるのでマイクロファイバーはもってこいなんです。

こんな感じで、マイクロファイバーのバスタオルはお肌への影響も少なくて、使用後は再利用できます。

マイクロファイバーのバスタオルは使い心地だけじゃなくて、最後まで便利なんだね!


まとめ

  • バスタオルはマイクロファイバーがいい!
  • ヘタり知らずで長持ち
  • 肌にも優しい!
  • でもちょっぴり乾きにくい

バスタオル、新年にまとめて替えようかな〜って方はぜひお試し下さい☆