Miniature garden~PONの箱庭~

思いついたことを書き記していく雑記ブログ

ズキズキ辛い偏頭痛の対処法4つ!

こんにちは!PONです。
一定の時間になると脈打つように頭が痛む偏頭痛。私も10年以上の付き合いで、色々対処法を試してきました。その中でも効果があった4つの方法わご紹介します。

偏頭痛の対処法①カフェインを摂る


割と有名な方法ですが、薬もない!仕事も抜けられない…という時にコーヒーやモカなどのカフェイン飲料を摂ることでいくぶんかマシになります。
偏頭痛は頭の血管が拡張し、周囲の神経に拍動の刺激が伝わることで起こります。
そのため、カフェインを摂ることで頭の血管の拡張を抑え血管が収縮して痛みを和らげます。
全く効果のない日もありましたが、偏頭痛の前兆がある日には早めにコーヒーを飲んでおくとマシになる日もありました。

珈琲の記事はコチラ

偏頭痛の対処法②ロキソニンに頼る

毎日のように服用することはオススメしませんが、応急処置には最適です。
偏頭痛は痛みが起こってからではなく、痛みが起こりそうな時(前兆があった時)に薬を服用しておくと
痛みが酷くならずに済みます。
しかし、ロキソニンは長期的な服用や連日での服用は向いていません。
長期的に服用してしまうと、他の重大な病気の発見が遅れてしまう可能性があるため注意しましょう!

偏頭痛の対処法③漢方薬で体の不調を調整する

ロキソニンを毎日服用するのは抵抗がある…でも毎日頭痛い…。という時にたどり着いたのが
呉茱萸湯(ごしゅゆとう)でした。
呉茱萸湯はズキズキする頭痛や吐き気に効く漢方薬で、お腹を温めて血の流れを乱していた冷えを取り除く効果があるそうです。
即効性はありませんが、毎日服用する事で体の体質を整えて、徐々に頭痛がある日が減っていきました。
冷え性で偏頭痛持ちの方はぜひ試してみて欲しい漢方薬のひとつです。

偏頭痛の対処法④トリプタン系薬剤に頼る

最終手段!病院で相談しましょう。
長期的な痛みがある場合や、日常生活に支障が出る場合などは、医師に相談することでキチンと対処することができます。
市販の薬では効かない頭痛の時などに処方される
トリプタン系薬剤に頼りましょう。
トリプタン系薬剤とは、炎症を抑えるだけではなく脳の神経や血管に作用します。
そのため偏頭痛の根本的な原因を抑える事ができる、偏頭痛に特化した頭痛薬です。
どうしても市販薬では効かない、根本的な改善を望む場合には医師に相談してみましょう。

まとめ

  • 偏頭痛にはカフェインが効く!
  • 即効性があるのはロキソニン
  • 長くゆっくり治すなら呉茱萸湯
  • 市販薬が効かないなら医師に相談!

私の場合は市販の漢方薬で徐々によくなり、もともと毎日あった頭痛が今では月に2.3回に減りました。
気になる方はぜひお試し下さいね!