Miniature garden~PONの箱庭~

思いついたことを書き記していく雑記ブログ

保険の見直しをするべき時期は?保険料を半額に!

こんにちは!PONです。
☆このブログでは私が使ってみてほんとに良かった!と思ったもののリアルな口コミを紹介するブログです。

少し前に保険を一括で見直しに行きました。そしたらある保険は保証はそのままで保険料が半額に!
ほかにも知らなくて損していたことが判明!
保険の見直しで変わった事をご紹介。

保険料見直しに最適な時期


保険料見直しに最適な時期は、保険の更新時期に行うのが最もベターです。
保険の切り替えをその場でしやすく、面倒な事が一切ありません。
中途半端な時期に保険を解約してしまうと、年間先払いの保険などは返金手続きなどが発生してしまいます。
しかし、それ以外でも保険は見直しすることが出来ます。就職、結婚、妊娠などを機会に一度見直してみても良いですね。

保険を見直す必要性

家族が増えたり、環境がかわったり、仕事が変わったりする中で保険にも変えるべき箇所が出てきます。
加入時に手厚くした保障が現在も必要なのかどうか定期的に考える時間が必要です。
不要な部分での備えが大きいと、保険料の無駄にもなりますし、不要な備えを見直すことで節約にもなります。
また、年齢が上がるにつれ3大疾病などの病気のリスクもあがります。
万一に備えて加入時よりも保障を手厚くすることも検討してみてはいかがでしょうか?

保険を見直すポイント

私がオススメしたいのは

★自動車保険

★収入保障保険

の2つです。
自動車保険は特に保障内容や保険会社によって価格が変わりやすく、また加入時の条件とは環境が変わりやすいです。
自動車保険はこまめに確認しておきましょう。

収入保障保険はいわゆる終身保険よりも割安で、死亡時の保険金が毎月給付されるタイプの保険です。
貯蓄性はありませんが、年金のように毎月受け取れるタイプで、年齢により保険料が下がっていき、保障総額も下がっていきます。
そのため子供が小さく加入者が若いうちは死亡時に保険金をしっかり受け取ることができて、子供が大人になるころには保険料は安く、保険金も必要な分だけ受け取ることが出来ます。

注意!特約の罠

私が保険の見直しでわかった損は、特約の重複でした。保険に加入する際、便利だと思って付けた「弁護士特約」「個人賠償責任特約」は、全く別の保険で重複していた事が判明。
しかも弁護士特約は一つは乗っている車の対応にのみ有効なもの、一つは車に関係なく日常のいつでも有効なものでした。
さらに自動車保険は年齢が上がり、運転者の制限をすることで安く抑えることができますが、こちらから申告しなければ年齢制限の年齢を上げてもらえません。
自動車保険はこまめに契約内容を確認しておく必要がありますね。

保険料が半額になった理由

保険料の見直しで大きく変わった保険は
自動車保険でした。
一番初めに自動車保険に加入したときは、あれもこれも担当者の言いなりになって付け加えて加入してました。
当時の保険料が17,000円でした。
ほけんの窓口で保険を見直した際に、いらないな、と思う条件を外した状態で、安く抑えられる保険を調べてもらいました。
そして、最低限必要なものだけを付けた保険に変更。保険料は8,000円ほどになりました。

保険のタイプも走る分だけのタイプに切り替えて、走行距離が少ない我が家ではかなりの節約になりました。

年齢制限なども、加入当時より安く抑えられ、重複していた特約を外すことができたのが半額になった理由ですね。

⇒保険を見直してみる


節約にもなりますし、意外とプロしか知らないような保険の味方や選び方なんかも教えてくれるので定期的に見直すのがオススメです。

まとめ

  • 保険の見直しに最適な時期は保険の更新時期!
  • 保険の特約を見直してみるべし
  • 見直しの際は全ての保険を一括で見直すとお得◎

家計の節約や、人生の節目で保険料が気になっている方はぜひ参考にしてみてくださいね♪