Miniature garden~PONの箱庭~

思いついたことを書き記していく雑記ブログ

乳児湿疹をローションとクリームで保湿する方法【保存版】

こんにちは!PONです。
赤ちゃんの肌の悩みの中でも多いのは乳児湿疹です。
特に新生児期から出やすく、初めての育児で乳児湿疹が出ると病院に行くか、市販のクリームを試すか悩みますよね。
赤ちゃん用クリームは多くあるのでどれを選べばいいかわからないということも。
今回は乳児湿疹をローションとクリームで予防するやり方をご紹介します。

乳児湿疹の保湿にローションとクリームを使う


赤ちゃんが生まれてから、肌の保湿に私が最初に使っていたのはピジョンベビーミルクローションです。
伸びがよくて、塗ったあともベタベタしないしサッと塗ることができるので重宝していました。
ピジョンベビーミルクローションは赤ちゃんの胎脂に近い保湿成分でできているため安心して使えます。
更に、皮膚科医による皮膚刺激性テスト済みなので、ほとんどの赤ちゃんの肌に安心して使える成分なんです。

ただ、ローションだからか保湿力が少し弱いような気もしていました。
しかし肌が荒れたりすることもなかったので使い続けていました。

※赤ちゃんの肌と合わないようならすぐに使うのをやめよう!


最初は体のみに使用していましたが、すると徐々に顔に乳児湿疹が…。
当時は顔もしっかり保湿した方がいい事を知らず、顔への保湿が足りていなかったのが原因です。


それからは顔にも使用するようになりましたが、なかなか治らず。
そこで保湿力を高めるために新しく保湿クリームを買い足しました。


それがアトピタしっとりクリームでした。
テクスチャは固めで、パウダーを配合したクリームです。
塗った直後は少しべたついた感じになります。
でも時間が経つとパウダー成分のおかげでサラッとします。

こちらも刺激成分が含まれておらず、アトピーの赤ちゃんの肌にも使えるような天然成分を使用したクリームです。

まずはお試しのクリームを自分で試してみました。
赤ちゃんよりも老いで乾燥した私の肌でもしっかり保湿できるかどうか確認するために(笑)
結果は良好。
アトピタクリームは程よく保湿してくれて、べたつきもなく使いやすいことがわかりました。


これを乳児湿疹が出た赤ちゃんの頬や耳の後ろ、おでこに塗るようにしました。
するとみるみる良くなってガサガサで硬くなった皮膚がふわふわのお肌に元通りに。
やはり保湿力が足りていなかったのが原因のようでした。

赤ちゃんの皮膚は大人の半分の薄さ

昔は赤ちゃんの肌に湿疹が出来ても、赤ちゃん自身の力で治せるから保湿はいらないと言われていました。
しかし現在では、赤ちゃんの皮膚は大人の半分の薄さであるため、大人以上に乾燥などに敏感なので保湿を推奨されています。


とくに敏感な赤ちゃんの皮膚は、よだれや石鹸ののこり、ミルクなどで荒れやすいです。
そのためこまめに肌荒れを起こしている場所をふき取り、清潔に保つ必要があります。

さらに、顔は汚れをふき取る回数も多く乾燥しがちなので、アトピタクリームのような少ししっかり目の保湿クリームが効果的でした。

乳児湿疹はとにかく清潔に保つ

そしてもうひとつ、乳児湿疹が酷い時に試していたのがお風呂を朝晩2回入れること。
赤ちゃんは体温が高くて汗をよくかくので、
こまめにお風呂にいれました。


このとき重要なのは顔も石鹸で洗うこと。
ゴシゴシしてはいけませんが、指の腹で優しく洗ってあげてました。
授乳やミルクのあとは、口周りをしっかり拭き取ってあげて常に清潔に保つよう努めました。

Point

乳児湿疹の原因は残ったよだれやミルク。こまめに拭き取って清潔に保ってあげよう!

あせもと乳児湿疹は別!

そしてこの時、首周りから胸にかけて汗疹が出てきていました。
体にはローションを塗っていましたが、あせもには保湿してはいけません
私はこれをして、汗疹を悪化させてしまいました。


そこで汗疹には「ピジョン薬用固形パウダー」を使用していました。
汗疹のあるところにお風呂上がりにはたくだけで、汗疹がすんなり引いてくれました。

長引く乳児湿疹にも高保湿で一撃のミルクローション




ピジョンのミルクローションやアトピタクリームでもなかなか改善しない場合、アロベビーのミルクローションがオススメです。

薬用成分が入っておらず、99%天然成分なので赤ちゃんの肌にも優しい素材でできてます。
2017年にはマザーズセレクション大賞をも受賞した人気アイテム。
産院でも紹介されることのあるミルクローションで、ホホバオイルやシアバターを使用した高保湿成分が赤ちゃんの肌を乾燥から守ります。


伸びが良いのでアトピタクリームのようなテクスチャーの固いものに比べると少量でしっかり塗ることが出来ます。
そのため少し高く感じますが、結果的にはコスパが良くなることも。


植物オイルが含まれていて、角質層まで浸透するためママの手も柔らかくなります。

ちょっと高く感じるけど、たくさんのママから支持されているんだね!

99%天然由来だから敏感な赤ちゃんの肌にも安心だね!

チェック

アロベビー公式サイトから購入すると今だけ初回¥980!お得に試せるチャンス!

⇒【アロベビー ミルローション】公式サイト


乳児湿疹以外の肌トラブルにも保湿

月齢が上がってくると、今度は乳児湿疹以外の肌トラブルに悩まされます。
それがよだれかぶれです。
4、5ヵ月頃の赤ちゃんは歯が生え始める前兆としてよだれの量が増えます。
するとおもちゃや自分の指やこぶしをなめたり噛んだりするようになり、気付けば顔がよだれでべちょべちょになっていることも。

こまめにふき取っていても、常によだれが出ているので追い付かず、結果よだれかぶれになってしまうことって少なくないんです。
さらに、洋服がよだれで濡れて首元が荒れてしまうことも。

そんな時にも保湿でよだれかぶれを治すことが出来ます。


特に多いよだれかぶれによるほっぺのかさつきには朝昼晩の保湿が効果的です。

赤ちゃんの肌トラブルが始まったら、まずは正しく対処してあげましょう。


赤ちゃんの肌トラブルに保湿はとても重要なんだ!

よだれかぶれにも保湿で対処できるんだね!





赤ちゃんの乳児湿疹にはローションとクリームで高保湿する!

赤ちゃんの乳児湿疹が出てしまった場合は、保湿不足である可能性があります。
皮膚科で相談してみるまえに、ステロイドの入っていない市販の保湿クリームで様子見してみてはいかがでしょうか。
私の場合はしっかり目に保湿してあげることで良くなり、そこから悪化することはありませんでした。
まずは清潔に保ち、しっかり保湿してあげて、それでも改善されない場合は皮膚科で相談してみましょう。